quick-favorite quick-favorite
quick-google quick-google
quick-favorite quick-favorite
quick-google quick-google

SAILアミノ酸

SAIL法


東京都立大学の甲斐荘正恒教授のもとで開発されたSAIL法(立体整列同位体標識法)は、NMRを用いたタンパク質の立体構造解析を従来の技術と比較して、高分子量タンパク質の立体構造決定を遥かに容易かつ迅速に高い精度で可能にする独創的な革新技術です。SAIL法とは、高度選択的2H,13H,15N-三重標識アミノ酸(SAILアミノ酸)を原料に用い無細胞タンパク質合成系を利用してタンパク質(SAILタンパク質)を調整し、タンパク質中の不要な1H-NMR構造情報を徹底的に重水素化し削減させる技術です。SAILタンパク質には、NMR構造解析に必要且つ十分な情報のみが残されるために、高精度で構造決定が可能になるだけでなく、測定・解析に要する時間も著しく短縮されます。同時にタンパク質全体の重水素密度を50%程度まで向上させられるため、既存手法の2倍を超える高分子量のタンパク質の立体構造解析が可能になります。さらにSAIL法の特徴を十分に活かすことにより、従来は不可能であった高分子量タンパク質の精密な立体構造決定が、研究者の手を煩わせることなく、自動的におこなえます。このため、得られる立体構造の付加価値が高まるだけでなく、構造決定に要する期間、それに伴うコストの大幅削減につながります。



SAILアミノ酸

製品名 構造式
Ala Ala
Arg Arg
Asn Asn
Asp Asp
Cys Cys
Gln Gln
Glu Glu
Gly Gly
His His
Ile Ile
Leu Leu
Lys Lys
Met Met
Phe Phe
Pro Pro
Ser Ser
Thr Thr
Trp Trp
Tyr Tyr
Val Val

pct_012_d

メディカル事業本部
SI事業部

03-5788-8550
※月~金曜日
9:00~17:50

03-6866-0564
※24時間受付

アクセス

〒142-8558
東京都
品川区小山
1丁目3番地26
東洋Bldg.

医療をはじめ、研究から産業まで広くご利用いただける安定同位体試薬をご提供いたします。

Copyright © 2016.
TAIYO NIPPON SANSO Corporation.
All Rights Reserved.